シャンプーの存在理由

生活する中で、人は自分では気づかないほどの汚れを、体から出していることはご存じでしょうか。 肌が外気と触れることによって、体の水分が蒸発し、汗を流します。 体の働きとして、必要のない物は体の外に出そうとするので、吸収されずに必要のなくなった余分な油分が放出されています。 特にこの余分な油分ですが、放出量が多い場所があります。それは頭皮です。 頭皮は体の中で一番大きな毛穴が多く、油分を放出しやすいのです。

その油分が頭皮に放出されると、頭皮の毛穴は油分により塞がれ、通気性が悪くなります。 そうなった毛穴は不健康状態に陥ります。それが原因で髪が傷んだり、脱毛症を引き起こしたりするのです。 そのためにシャンプーは存在します。1日の頭皮汚れを落とし、毛穴の通気性を良くすることで、毛穴本来の健康を保ち、脱毛の原因を無くス事で、髪を健康的な状態にすることができるのです。

しかし、シャンプーの目的は汚れを落とすことだけではありません。汚れを落とし、毛穴に必要な油分を適度に残しておくことこそが、シャンプーの本当の存在理由なのです。 薄毛や髪の傷みに悩んでいる方はこのことをしっかり理解しておく必要があるでしょう。 人の体は常にある程度の油分でコーティングされているのです。それは、頭皮も同じだということです。それは、体を乾燥させすぎないためです。もし全身をコーティングする油分が全くなかったとします。そうすると、体の水分は止めどなく一気に蒸発することになるのです。

 

▽特選サイト
カラーやパーマによる乾燥、紫外線から髪を守ってくれるシャンプーです・・・美髪ベースメイクシャンプー

それぞれに適したシャンプー

適したシャンプーとは一体どのようなものでしょうか。 それは、個々それぞれの肌質や体質が違うので、適したシャンプーも様々です。 例えば乾燥肌の場合、汚れを落とし、コーティングする油分量が多めの物を選ぶ必要があるでしょう。それとは真逆の場合は、油分量が多めとは全く真逆のシャンプーが良いでし・・・

詳細はこちら

正しく使ってシャンプーを楽しむ

シャンプーを使用する際、ちゃんと正しい方法で洗っていますか。 シャンプーで髪を洗うときによくやってしまいがちなことが、頭皮に爪を立ててガシガシ擦る行為です。 汚れを落とすという面からだけ言えば、その行動も間違いではありません。しかし、爪を立てて強く洗うといったように、頭皮を痛める原因を作っていては、いくら自分に適・・・

詳細はこちら